燃えるゴミは毎週火・木曜日

日記、雑記、ゲーム、格ゲー、音ゲー,社会学

鉄拳7を家庭用から新規で始めた

親指を深爪で切ってしまってボタン押す時痛いのでブログでも書く。

自分へのメモも込めてね。

f:id:sho-elle:20170728160239j:plain

 

 

さて鉄拳7のために6月中旬くらいにPS4買いました。上に乗っけたのは最近の戦績ですね。名人までは一度行けたのですがやっぱりまだまだ数字~武者をうろうろすることが多いです。

 

 

対戦すると、、、、、まーーめちゃくちゃおもしろい、まずコンボとカウンターヒットの爽快感が中毒性高くて連コ。。。。連コ。。。となっております。

他にも鉄拳7から搭載されたレイジアーツのおかけで、体力ドットからでもワンチャン狙えたりもします。対戦システムそのものが大分新規向けになっている印象を受けます。悪く言えばより大味なゲームシステムになった?のかもしれません。TAG2の頃からこのゲームに興味はあったんですが2キャラ使わなきゃいけなかったり、チャンジ技?なにそれ?とわからなかったりと、ソフトは買ったもののホコリをかぶっていました。

 

 

 

 

とまあ、現状楽しめてる鉄拳なんですが、一つ問題が。

 

 

 

 

 

 

それは、新規に対する補助輪がないことなんですよね。自分の出身がギルティなのも相まってこの点が本当にしんどい。ギルティだったらチュートリアル→コンボ練習→各種キャラ対策→対空のやりかたといった各種テクニックのモードをおさえておけば多分対戦できるんですよ。

 

 

一方鉄拳のほうにはこういった補助輪みたいな要素が皆無、投げ抜けの仕方がロード中のTIPSで表示されるくらいです。鉄拳でまず特徴とされる3すくみの説明はありません。ステータスの説明がギリあったくらい。

 

 

中でも一番自分が困ったのが「リプレイモードがないこと」です。これが本当に痛い。ただまあ結果としてPS4で放送して上手い人にアドバイスもらえることに繋がったので一概にあかんかった!とも言えないのですが。リプレイモードがないことでまず困るのが「無数に技のあるこのゲームにおいて相手がどのような入力で技を出してるのかわからない」ことです。鉄拳は技が多いことで有名ですがその分、上達していってうまくなれば使わない技=わからん殺しが多いとも言えます。リプレイがないとここに対して対策ができない。一生ボラれるしかない。リプレイがもしあれば「相手の出した技をリプレイのキーディスで確認→inatekkenなど各種フレームの載っているサイトで有利不利を確認→トレモで記録させて対策」と一連の流れで対策が可能です。トレモの「PUNISH表示(硬直に攻撃が確定で決まっている表示のこと)」があったのが本当にありがたかった。これがなければ死んでました。

 

 

ここまで書きましたが、現実、リプレイはない。んじゃどうするか。試合中に出された技のモーションを覚えて、ないしは配信など記録に残して「トレモでその技を確認する作業」が必要になるんですよ。配信に残しておけばギリギリどの足、どの手から出してるかわかるので数分で済む作業ですが、中にはキングがするようなムーンサルトプレスのようなどのように出した技が一見わからないものもあります、こういった技を見つけたい場合はトレモでそのキャラのサンプル技を垂れ流して見つけるしかないまであると思います。もしくはYoutubeにある全技集を見るのが近道です。しかもこの作業を「全キャラ分」する可能性があります。きつい!

 でも7月頭に行われたアップデートで無限リベンジマッチが実装されました。コレのおかげで相手がもしリベンジしてくれるならボラれ連携の対策が試合の中でできるかもしれません。

 

 

他にもプレマで観戦中に退室できなかったり、ランクマで比較的ラグの多い韓国のプレイヤーと回線5設定でもマッチングしてしまったりと痒いところに手が届かないことが多いです。ランクマに関してはマッチングヒット画面で相手国を表示してもいいと思うのですが。。。。こっちが重いってことはあっちも重いわけですしただただ双方がイライラするだけかと思います。

 

ここまで書いて、新規で始めたユーザーの目線として、もし!家庭用にあったらいいな!と思う機能は、3すくみの説明、加えて各キャラでどの技が3すくみに使われるのか、確反、基本的なキャラ対(キングのアリキックどうすんの?)とかでしょうか、こういった要素がもし家庭用に搭載されていれば、めちゃくちゃ快適に遊べてたかもなあ、と個人的に思っています。流石にこんだけのものが搭載されてたらバンナムの株買うまでありますw。ただ大会モードが搭載されてることからも大多数の新規初心者よりも、マイノリティである大会に出場するプロゲーマー界隈を企業として優先している気がします。

 

 

だらだら書きましたがつまるところ製品版に甘えてないで自分で調べろ!!!というバンナムからのメッセージなんだとおもいます。ということで次の記事で新規で見るべきリンクを自分のためにもまとめようかと。

 

あと最後に、格ゲー初心者ほどニコ生とかYoutube配信とか絶対にすべき。自分のクソ下手くそなプレイングを晒すべきだと思います。そしたら見かねた鉄拳おじさん達が颯爽と現れてアドバイスしてくれると思うので。自分も始めの数回は放送しても人っこ一人きませんでしたが継続して放送してれば人も来ました。タイトルにでっかく初心者って書いとけばアドバイスくれる人がわんさか来ますよ!